レディースドック

レディースドックとはどんなもの?

レディースドックとは、人間ドッグのひとつですが、女性には女性ならではの病気があり、女性だけにある病気や女性に多い病気を主に検査をします。

 

また、レディースドックでは、医師他、技師なども女性のところが多く、女性が受けやすいようにくふうされています。

 

医療機関によって多少の違いはありますが。レディースドックで検査する項目は主に、乳がん・子宮頸がん・子宮内膜症などがあります。

 

子宮頸がんは性交渉の経験のある女性の多くが発症のリスクがあるといいますが、最近の傾向として比較的若い年齢層に子宮頸がんが増えているようです。

 

また、子宮頸がんは年齢が若い層に発生する率が多い事と、逆に50歳過ぎなどの年齢人に多く発症するなど、中間の年齢層では発症する割合が低いという特徴があるようです。女性特有のこれらの病気は早期発見しやすい病気ですから、定期的に受診することで、早期発見に繋がります。

 

一般の人間ドッグで子宮頸がんなどの検査をプラスしてもらって受けることもできますし、女性コースなどもあります。女性特有の病気を検査してもらうには抵抗を感じる人も多く、その点ではレディースドックの方か気軽に受けやすいというメリットがあります。

 

女性特有の病気も早期発見、早期治療が大切ですが、もし、次にあげるようなことがある方は特に早めに検診を受けることをおススメします。

 

早めにレディースドックを受けて予防することおススメしたい方には、喫煙される方で特に喫煙本数が多い方、糖尿病ほかの生活習慣病に罹っている方ほか、毎日の食事が不規則な方などがあります。

 

そのほか、アルコールをたくさん飲むとか、油っこいものが好きとか、肥満気味の人や、運動不足の方やストレスの多い方などもレディースドックの受診をおススメします。

 

運動不足やストレスがなぜ婦人科の病気に関係あるの?と、不思議に思うかもしれません。それは、子宮頸がんの患者さんの90%以上から、ヒトパピローマウイルス(HPV)が検出されていて、HPVはストレス他で、ホルモンのバランスが崩れているときに感染しやすいからです。

 

子宮がんや乳がんは他のがんと違って、早期に見つけることが出来れば治る確率が高いので、レディースドックを受けることをおススメします。

 

また、性交渉で感染しやすいHPVですから、妊娠を望んでいないときの性交渉にはコンドームを正しく使用することでHPVの感染を防ぐことが可能です。

 

HPVは、性器周辺の皮膚が汗などで蒸れると雑菌が繁殖しがちです。それを防ぐためには、清潔にしておくことと、通気性の良い下着の使用をおススメします。