レディースドック

クラミジア検査

レディースドックの多くで、クラミジア検査を行いますが、クラミジア感染症とは、クラミジア・トラコマチスと呼ばれる病原体によって起こる感染症で、性感染症のなかで最も多い感染症です。

 

近年では性交渉の低年齢化で特に若い女性がクラミジア感染症にかかる率が増加して問題となっています。

 

性器クラミジアの主な症状には、男性の場合はクラジミアにかかってもおよそ半数の人に症状が出ません。感染して症状として出るときは、尿道がむずかゆいとか、排尿時の軽い痛みとなって表れます。しかし、症状が出ても見逃してしまうことが多いです。

 

女性が性器クラジミア感染症に罹っても、およそ80%の人が症状が出ません。症状でてもおりものが少し増えた程度とか、軽い生理痛のような痛みがあるだけなので、女性も見逃しがちです。

 

不正性器出血が出るひともいますが、不正性器出血は様々な原因があり、病的なものとそうでないものがあります。

 

心配のない不正性器出血では、生理と生理の中頃に出血が時々あるなどは排卵期出血の可能性があり病気ではありません。多量の出血の場合は、子宮筋腫ほか悪性腫瘍が考えられます。

 

おりものの中に少量の血が混じる場合は、子宮頸管ポリーブとか子宮頚部びらんや膣炎などの場合があります。

 

性交渉の後に出血がある場合は膣の粘膜や子宮頚部が傷ついた場合が考えられます。

 

上記のように単に不正性器出血と言っても、問題のないものや早めの治療が必要なものなど様々です。

 

厚生労働省でも年に1回の婦人科検診をススメていますが、婦人科特有の病気以外にも一般の人間ドッグのような検査も行うレディースドックがおススメです。

 

健康はお金では買えませんが、少々高くてもそれで病気がふせげるなら結局は安くつきますので、可能な限り年に1回はレディースドックを受診することをおススメします。

 

レディースドックで行うクラミジア検査の時は、診察で医師が出血に関してその量や持続期間や生理周期との関係を尋ねます生理周期とは、最終生理や最近の生理周期などを質問します。

 

また、性交渉や排尿や排便との関連ほか、出血以外の症状や何か薬を服用しているかなども詳しく聞かれます。

 

ちなみに、クラジミアに感染していても妊娠できた女性がいましたが、子宮外妊娠で手術をしています。たかがクラジミアと侮れないようです。

 

妊娠の可能性がなければ、超音波検査(エコー)を使って子宮や卵巣に異常がないか検査します。また、中高年の方には子宮頸部、体部の がん検診が行われます。